タグクラウド

2017年10月04日

ディスレクシア

ディスレクシア

日本におけるディスレクシアの発現率に一番近いものとしては、障害者白書内にある「児童生徒の困難の状況」のうち「知的発達に遅れはないものの学習面で著しい困難を示す児童生徒の割合」の4.5%
https://h-navi.jp/column/article/279


内閣府 「平成25年版 障害者白書」
【関連する記事】
posted by tsbs at 19:21| Comment(0) | 特別支援教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教職員定数と義務標準法の改正

教職員定数と義務標準法の改正

http://www.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10311174?tocOpened=1

日本語 児童生徒 指導 21.5人 
posted by tsbs at 19:20| Comment(0) | 国の施策等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人児童生徒指導 日本語学級

外国人児童生徒指導 日本語学級

義務教育諸学校等の体制の充実及び運営の改善を図るための公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律等の一部を改正する法律
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/kakutei/detail/1383845.htm


公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律の一部改正
日本語能力に課題のある児童生徒への指導のための基礎定数の新設
(児童生徒18人に1人)

http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/02/07/1381782_1.pdf


「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律等に基づ. く文部科学大臣の定めについての一部改正 (平成29年3月31日) 」
http://manabi-mirai.mext.go.jp/assets/files/201704gaidorain/sankousiryou01.pdf

日本語能力が十分でない子供たちへの教育について
平成28年3月22日
文部科学省
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai35/sankou1.pdf

学校における外国人児童生徒等に対する教育支援の充実方策について(報告)
平成28年6月 学校における外国人児童生徒等に対する教育支援に関する有識者会議
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/06/__icsFiles/afieldfile/2016/06/28/1373387_02.pdf

平成29年度文教予算のポイント(概要)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000473953.pdf


外国人児童生徒等への教育支援の充実方策について
http://www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/kyoiku/kyogikai/h28/program/pdf/shiryo_03_03.pdf
posted by tsbs at 19:19| Comment(0) | 国の施策等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安全配慮義務

安全配慮義務

http://uchidat.com/edlaw/06kikikanri-bousai-gakkoujiko/siryo/05kyousyokuinnotyuigimu-sekinin.pdf

ア当初の考え方…「安全配慮義務」は、もともと、労働契約上の義務として、学説・判
例で認められてきたもの。労働災害を受けた労働者や遺族が、労働者災害補償保険法によ
ってカバーされない損害を、使用者の契約責任を根拠に、安全配慮義務違反として請求す
るのを容認した裁判例が増加した。

イ公務員への適用…自衛隊員の訓練中の死亡事故裁判(昭和50年2月25日最高裁三小判
決)

(ア)安全配慮義務の根拠
安全配慮義務は、ある法律関係に基づいて特別な社会的接触の関係に入った当事者間
において、当該法律関係の付随義務として当事者の一方又は双方が相手方に対して信義
則上負う義務として一般的に認められるべきものであって、国と公務員との間において
も別異に解すべき論拠はなく、公務員が前記の義務(注、職務専念義務、法令遵守義務、
職務命令服従義務)を安んじて誠実に履行するためには、国が、公務員に対し安全配慮
傭義務を負い、これを尽くすことが必要不可欠である。

(イ)安全配慮義務の性質
国は、公務員に対し、国が公務遂行のために設置すべき場所、施設若しくは器具等
の設置管理又は公務員が国若しくは上司の指示のもとに遂行する公務の管理にあたっ
て、公務員の生命及び健康等を危険から保護するよう配慮すべき義務(安全配慮義務)
を負っているものと解すべきである。もとより、右安全配慮義務の具体的内容は、公務
員の職種地位及び安全配慮義務が問題となる当該具体的状況等によって異なるべきもの
posted by tsbs at 19:17| Comment(0) | SV教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着衣泳の議会対応質問 どこぞの議員は三定でこれとほぼ同じ質問をしてる パクリの証拠 

平成29年3定で、以下の質問と全く同じ質問をしている議員がいる。
それも完コピ。
情けないよ。



磐田市議会 平成24年  9月 定例会 [ 09月19日−06号 ]




高田正人


 (3)人口10万人当たりでの、日本の水難事故の溺死者数、おぼれて亡くなる人数が他の国に比べて異常に多い。イギリスと比べて約5倍以上である。この原因の1つに、水泳指導に対して指導観の違いがあると考えられる。イギリスでは自分の命を守るための着衣水泳は、小学校を卒業するまでにほとんどの児童に受講経験がある。また、検定もあるという。日本では法的拘束力がある学習指導要領には、着衣水泳に関する記述はない。指導要領解説には、着衣のまま水に落ちた場合の対応の仕方については、各学校の実態に応じて取り扱うことができるとある。この記述は小5、6年の部分しか見られない。小1、2年、3、4年に関しては着衣水泳についての記述は全くない。水の事故の大部分は海や河川、湖などの自然の場所で起きている。プールでの事故は1%程度である。水難者を救助するために、着衣のまま入水し死亡する例もある。着衣で泳ぐという経験を学校において経験していたならば、着衣のままで水に落ちた場合どうなるかということはわかると考えます。着衣水泳をすることによって緊急時に対応する技術や心構えを養うという目的があります。着衣水泳の経験は必要であると考えます。自分の命は自分で守るためにも、学校で着衣水泳を教える必要があると考えます。


 3点目の質問として、学校での着衣水泳の取り組み状況、課題と対策について伺います。




教育長


次に、学校での着衣水泳の取り組み状況、課題と対策についてですが、無理して泳ぐのではなく、自分自身で長時間浮いて救助を待つという目的での着衣水泳は、すべての小学校で実施されています。全学年において着衣水泳を行っている学校は9校ありました。今後も教育委員会としては命を守るという立場から、着衣水泳の目的を学校に対してきちんと示していきます。また、浮力をつけるためにペットボトルなどを利用する方法や救護の仕方等実践的な指導法について学校に紹介していきます。






「着衣泳 イギリス 日本 溺死 5倍」

着衣水泳で命を守る | TOSSランド










2012/11/29 - イギリス 0.5人 日本 2.7人. 日本の溺死者数が,他の国に比べて異常に多いということは,この表から明らかである。なんとイギリスと比べて5倍以上である。 この原因の一つに,水泳指導に対しての指導感の違いがあると考えられる。 次の表に ...

posted by tsbs at 20:51| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校における働き方改革 学校現場における業務の適正化

学校における働き方改革に係る緊急提言
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/079/siryo/__icsFiles/afieldfile/2017/09/01/1395044_2.pdf

学校現場における業務の適正化に向けて
次世代の学校指導体制にふさわしい教職員の在り方と業務改善のためのタスクフォース報告(骨子)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/uneishien/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/06/13/1372315_02_1.pdf

学校現場における業務の適正化に向けて(通知)
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/1373128.htm

学校現場における業務の適正化に向けて
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/uneishien/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/06/13/1372315_03_1.pdf

学校現場における業務の適正化に向けて
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/uneishien/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/06/13/1372315_01_1.pdf

〜子供と向き合う時間の確保を目指して〜
学校現場における業務改善のためのガイドライン
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/04/05/1297093_4.pdf
posted by tsbs at 20:48| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査 自国に対する誇り



教育基本法
(教育の目標)
第二条 教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。
五 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/06042712/003.htm

平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査

http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/thinking/h25/pdf_index.html
posted by tsbs at 07:36| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色覚に関する指導の資料

色覚に関する指導の資料

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/2470/00004402/sikikaku.pdf


 学校では、児童生徒が安全で健康な学校生活を送ることが求められています。そこで、健康管理面や教育活動上で何らかの配慮を必要とするような状態について、健康診断、保健調査、健康相談などを通じて把握しているところです。
 色覚異常の児童生徒についても、教育活動上の配慮が必要であると考え、これまで、健康診断の際に色覚検査を実施してきました。ちなみに色覚異常の頻度は、報告者によって異なりますが、およそ男子の5%、女子の0.2%といわれています。


しかし、近年、色覚異常についての理解が進み、色覚検査で異常と判別される児童生徒でも、大半は学校生活に支障はないという認識のもとに、


 平成15年4月から学校における児童生徒等の定期健康診断の必須項目から色覚検査が削除されることになりました。


 このことは、色覚異常の児童生徒について、教育活動上、まったく配慮が必要ないということを意味するものではありません。教職員は色覚異常について正しく理解し、学習、進路のそれぞれにおいて、適切な指導を行う必要があり…






色覚検診について 施行規則改正に伴う局長通知
http://www.gakkohoken.jp/special/archives/182



平成26年4月30日、学校保健安全法施行規則の一部改正に伴う局長通知が全国都道府県や指定都市の教育委員会宛てに出され、健康診断の実施に関わる留意事項として色覚検診に関する指導強化の内容が示されたところです。詳細は省きますが、要約すると概ね以下の2点を推進する内容となっています。

1)保護者に対し先天色覚異常と検査の周知を図り、希望者に検査を行うこと。
2)教職員は色覚に関する正確な知識を持って色覚異常に配慮し、適切に指導を行うこと

この2点については平成14年3月の施行規則改正に伴う局長通知にも同様の記載がありましたが、色覚異常の児童生徒等が自身の色覚特性を知らないまま不利益を受けることがないよう努めること、また保健調査に色覚の項目を設けることなどして積極的に保護者への周知に努めることが示された点で異なっています。これにより各地の教育委員会と学校は新たな対応が求められているところです。

文部科学省がこのように色覚検診に関する新たな指導強化の通知を出したのは、この10年余り、多くの学校で色覚検診が実施されなくなったことで、学校生活や進学・就職に関わる様々なトラブルが多く見られるようになったからです。



学校における色覚に関する資料
http://www.gakkohoken.jp/book/ebook/ebook_H270050/H270050.pdf
 
posted by tsbs at 07:30| Comment(0) | SV教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の小学校に「赤色や緑色のチョークで文字を書くな、使うのは白か黄色」というルールがあった理由 - Togetterまとめ

色覚に関する配慮事項

かつては学校の健康診断で色覚検査があり、色覚異常を本人が知ることができた。
平成15年に色覚検査をやらなくてよいようになり、色覚異常者が自覚できる機会が減ってしまった。
現在でも一部の就職先では受け入れてもらえない場合があり、本人にあらかじめ気づかせておいてあげるのが親切ではないか。
教員も検査がなくなってから色覚に対する認識が低くなり、以下のような内容が「記事」になるのだろう。



https://togetter.com/li/1150741
posted by tsbs at 07:29| Comment(0) | SV教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする