タグクラウド

2017年05月08日

「説明が下手な人」にありがちな残念な伝え方

「説明」は、どこまですればOKなのか?



引用


「なぜ、うまく説明できないのか?」

その理由はもちろん挙げていけばきりがありません。ただ、そのなかでも特に重要なポイントとして「網羅性」と「代表性」があります。


説明が苦手な方の大半が、「代表性」ではなく「網羅性」を優先してしまっているために、うまくまとめて伝えることができないのです。


網羅はしていないが、ある程度「代表」はしている。すべてをカバーするわけではないが、重要な点はおおむね押さえている。まずはこれだけ頭に入れておけばOK――これが「代表性」という考え方です。


「網羅性」による説明は自己満足であって、相手のためにはならない。だったら「このくらいでOKとする」ことを臆せずやってもいいのではないでしょうか。


情報も同じで、知るだけでなく、活用できて初めて意味をなします。そして、活用するには適度な量まで減らす必要があります。そのカギが「網羅性を手放す」ことなのです。


膨大な情報のなかから「あれもこれも……」ではなく代表的な「これ」(多くても「あれ」と「これ」と「それ」の3つ程度)だけを残し、あとは捨てる。その代わり、その残した情報だけは繰り返し活用する。


「網羅性」に囚われてしまうのは、物事を「わかるかどうか」で捉えているからです。そうではなく「(実践)できるかどうか」を優先して向き合えば、代表的なものに絞り込むという「代表性」の価値観にも気づけるのではないでしょうか。



http://toyokeizai.net/articles/-/169621
posted by tsbs at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

話をおもしろくするアナウンサー話術5

話しは短く
疑問形で
イメージしやすいことから

http://president.jp/articles/-/21357
posted by tsbs at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする