タグクラウド

2016年02月01日

中学校 職場体験ガイド

中学校 職場体験ガイド
平成17年11月 文部科学省


職場体験の意義
生徒にとって

・自己の理解を深め、職業の実像をつかみながら、望ましい勤労観、職業観を身に付けることができる。
・学校の学習と職業との関係についての理解を促進することができる。
・異世代間も含めたコミュニケーション能力の向上が図れる。
・実際的な知識や技術を学ぶことができる。
・社会的なルールやマナーを体得することができる。
・地域や事業所に対する理解を深め、地元への愛着や誇りを持つことができる。

http://www.nier.go.jp/shido/centerhp/20kyariasiryou/20kyariasiryou.hp/3-04.pdf
posted by tsbs at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己肯定感と学校回避感情のクロス集計

自己肯定感・自尊感情と不登校の関係を調べてみた。

自己肯定感と学校回避感情のクロス集計
http://www.edu.pref.kagoshima.jp/research/result/happyou/h26/
http://www.edu.pref.kagoshima.jp/research/result/happyou/h26/h26pdf/h26203soudan.pdf
posted by tsbs at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査

児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査(※政府統計の総合窓口(e-Stat)ウェブサイトへリンク)
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001016708
posted by tsbs at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おおた教育振興プラン2014

おおた教育振興プラン2014を策定しました
(計画期間:平成26年度から平成30年度)

https://www.city.ota.tokyo.jp/kyouiku/kyouikuseisaku/kyouikushinkoplan/index.html
posted by tsbs at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体力・運動能力調査の結果について

体力・運動能力調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001016672

報道発表 平成26年度体力・運動能力調査の結果について
新体力テスト合計点の推移
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/houdou/27/10/__icsFiles/afieldfile/2015/10/13/1362692_01_1.pdf
posted by tsbs at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研修の教材として、各種の出版物の記事をコピーして配布していますが、問題がありますか

著作権情報センター
http://www.cric.or.jp/qa/shigoto/sigoto2_qa.html

--以下引用--

Q. 役所の職員研修の教材として、各種の出版物の記事をコピーして配布していますが、問題がありますか。
A.
ふだん何気なくとっているかもしれませんが、コピーというのは、著作権の最も基本的な権利といわれる複製権に関係する行為なのです。余談ですが、著作権のことを、英語でcopyright というのは、コピーの持つ著作権上の意味合いを端的に示しているといえるでしょう。仕事の上でコピーをとることは、ほとんどの場合、著作権を持っている者(著作権者)の許諾を得なければ、複製権の侵害になってしまうのです。

特定の場合、著作権者の許諾がなくてもコピーをとれることがあります。たとえば、私的な使用を目的とする場合がその例です。役所の関係では、行政の目的のために内部資料として必要と認められる場合に、その必要と認められる限度において、コピーをとることができることになっています。しかし、これは、役所の業務を遂行するために直接必要とされる場合に限られ、単なる執務上の参考資料としてコピーをとることなどは認められないといわれています。

職員研修の教材としてコピーをとることは、行政行為自体とは直接関係ない著作物の利用であり、著作権がある著作物であれば、許諾を取らなければなりません。

便利で高性能なコピー機が普及していて、いろいろな場面で許諾を得ずにコピーがとられているようですが、利用者にしてみれば、個々の著作権者を突き止めて、一つひとつ許諾をとるのはきわめて繁雑でもあり、また、著作権者のほうも、違法だといっても摘発することは困難な場合が多いでしょう。このため、多くの国で、コピーについて権利を集中的に管理して利用者に許諾する機関が作られています。わが国でも、著作権等管理事業法に基づいて、著作物のコピーを許諾している団体や会社があります。その中でも公益社団法人日本複製権センターは、代表的な団体のうちの一つでしょう。

日本複製権センターが許諾業務を扱うコピーの範囲は、原則として内部的な、小部分、かつ少部数のコピーということになっていて、質問のような教材としてのコピーが入るかどうかは具体的なケースで判断されます。詳しくは、同センターに聞いてみるとよいでしょう。
posted by tsbs at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校教育と著作権

学校教育と著作権
http://www.cric.or.jp/qa/cs01/index.html

--以下引用--
Q10
新聞や雑誌に教育問題に関する記事が掲載されており、本校の教育活動の改善のために参考になると思うので、職員会議で検討するためコピーして配布したいと思います。どのような点に注意すればよいですか。



A10
新聞や雑誌の記事をコピーするときは新聞社や雑誌社の許諾を得る、と考えがちですが、必ずしもそうではありません。新聞や雑誌の多くはその全体に着目して「編集著作物」といわれることもありますが、編集著作物とは、素材の選択又は配列によって創作性を有する編集物のことであり、その素材自体が著作物である場合には、素材の著作権と編集物の著作権を区別して考える必要があります。

すなわち、新聞や雑誌に掲載されている報道や解説の記事、論文・論説、イラスト、写真などのひとつひとつが著作物として権利を認められており、その一方、それらの素材についてどれを採用するか、又はどのような順序で配列するかといった点の創作性に着目して、編集物にも素材とは別の著作権が認められているのです。

設問の場合、新聞や雑誌に掲載されたある特定の教育問題に関する記事をコピーしようと考えているわけですから、編集著作物のことを考える必要はなく、コピーしようとしているその記事の著作権者(一般的にはその執筆者ですが、会社等が著作者であったり、著作者以外の者が著作権を譲り受けていたりする場合もあります。)から、資料として複製すること及び会議のメンバーに配布する意味で譲渡することについて許諾を得る必要があるということになります。

このような文献コピーは学校の職員会議だけでなく、官庁や企業など社会の多くの場面でも行われているようですが、コピーされている文献は新聞や雑誌に掲載されるごとに特定される著作物であり(新聞、雑誌などを丸ごとコピーするようなことはない)、コピーの部数も当該部署の構成員に限られているという実態もあることから、コピーの都度、著作権者と連絡をとって許諾を得ることは実務上非常に煩雑です。そこで、出版物に利用される著作物に係る多くの著作権者から権利の委託を受け、官庁や企業などの組織内で行われる文献コピーについて、簡便な手続により許諾するシステムができています。

具体的には、新聞、雑誌など多様な文献を日常的にコピーして組織内に配付する場合には、著作権等管理事業者である公益社団法人日本複製権センターと契約を結ぶことにより、ほとんどの文献のコピーについて包括的な許諾が得られる(個々の著作物ごとに、又はコピーを行うたびに、著作権者と連絡をとって契約を結ぶ必要がない)ことになっており、同センターでは、契約の方式についても組織におけるコピーの実態に応じて複数の方式から選択できるなど、利用者の便宜を考慮した権利処理体制をとっています(同センターをはじめとした著作権等管理事業者に関する情報は、文化庁のホームページに掲載されています。)。

※この説明でいう「コピー」は「複製」と同義であり、その意味については、Q1の※の説明をご覧ください。
posted by tsbs at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

全国学力学習状況調査

全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/sonota/1347088.htm
posted by tsbs at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

サイエンスコミュニケーション

引用
https://www.sciencecommunication.jp/journal/papers/?action=common_download_main&upload_id=1586

サイエンスコミュニケーションとは


 広い意味でのSCとは,個々人ひいては社会全体が,サイエンスを活用することで豊かな生活を送るための知恵,関心,意欲,意見,理解,楽しみを身につけ,サイエンスリテラシーを高め合うことに寄与するコミュニケーションである。

 ここでいうサイエンスリテラシーとは,サイエンスに支えられた現代社会で賢く生きるうえで必要な,サイエンスに関する最小限の知恵という意味である。サイエンスリテラシーのレベルは一様ではない。逆に,一様であるはずがない。その意味で,社会の中のあらゆる層,個人間のサイエンスリテラシーの溝を埋め,誤解や勘違いを修正するための活動がSCであるという言い方もできるかもしれない。
posted by tsbs at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

セクシュアル・ハラスメント

平成24年度 雇用平等ガイドブック
職場におけるハラスメント防止ハンドブック
東京都産業労働局
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/equal/siryo/24zenbun.pdf
posted by tsbs at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報告 連絡 相談 現在 過去 未来

「報告 連絡 相談 現在 過去 未来」

1.報告

過去のことを伝えるコミュニケーション


2.相談

現在の問題を解決するために行うコミュニケーション


3.連絡

未来の出来事や予定を伝えるコミュニケーション

http://ameblo.jp/syuukankaconsulting/entry-11411311386.html


F崎先生の研修でも伺いました「共通語をもつ」
posted by tsbs at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育法規の要点がよくわかる本

菱村幸彦
教育開発研究所
2200円
posted by tsbs at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

いじめ防止対策推進法に基づく重大事態の発生に係る報告等について

<引用>
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/kohyojoho/reiki_int/reiki_honbun/ag10146321.html

○いじめ防止対策推進法に基づく重大事態の発生に係る報告等について

平成26年8月14日
26教指企第633号
都立学校長

このことについて、今後、各学校において、いじめ防止対策推進法(以下「法」という。)第28条第1項の規定による重大事態が発生した場合には、「事故発生報告等事務処理要綱(昭和46年10月11日教育長決定)」及び本通知に基づき、下記のとおり報告するようお願いします。



1 報告が必要となる場合
いじめ防止対策推進法第28条第1項に規定される重大事態が発生した場合
(1) いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。


例えば
○ 児童生徒が自殺を企図した場合 ○ 身体に重大な傷害を負った場合
○ 金品等に重大な被害を被った場合 ○ 精神性の疾患を発症した場合 など
(「いじめの防止等のための基本的な方針」平成25年10月11日 文部科学大臣決定)


(2) いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。


不登校の定義を踏まえ、年間30日を目途とする。ただし、児童生徒が一定期間、連続して欠席しているような場合には、上記目安にかかわらず、学校の設置者又は学校の判断により、迅速に調査に着手することが必要である。(同上)
また、児童生徒や保護者からいじめられて重大事態に至ったという申立てがあったときは、その時点で、学校が「いじめの結果ではない」あるいは「重大事態とはいえない」と考えたとしても、重大事態が発生したものとして報告・調査に当たる。(同上)


2 報告を行う時期

(1) 重大事態の発生を認知したとき、疑いを認知したとき、又は児童・生徒や保護者から訴えがあったとき(以下「発生報告」という。)。

(2) (1)に係るいじめの実態等について、調査の結果が明らかとなったとき(以下「調査報告」という。)。

3 報告先等

東京都教育委員会を通じて、都知事に報告する。

4 報告の方法

(1) 発生報告
ア 校長は、原則として、事案が発生したその日のうちに、当該学校を管轄する東京都学校経営支援センターの所又は支所の経営支援室長又は学校経営支援担当課長(以下「経営支援室長等」という。)に電話にて報告する。
校長は、その後速やかに、別紙(様式1)を作成し、経営支援室長等宛てに、正本(公印を押印したもの)及び電子データ(TAIMSメールにて送信する。以下同様の方法による。)を提出する。(下図@)

イ 経営支援室長等は、アにより受けた報告について、速やかに指導部指導企画課長又は生徒指導担当(以下「指導企画課長等」という。)に電話にて報告する。

経営支援室長等は、校長から提出のあった別紙(様式1)の正本及び電子データを、指導企画課長等に送付、転送するとともに、その写しを保管する。(下図A)

ウ 指導企画課長等は、イにより受けた報告について、指導部高等学校教育指導課長又は同部義務教育特別支援教育指導課長及び関係課長等(以下、「関係課長等」という。)との連携により、重大事態の内容を確認し、必要に応じて、経営支援室長等又は校長に対して聞き取り等を行う。(下図B)

(2) 調査報告
ア 校長は、(1)アによる報告から2週間以内を目途に、事実関係等について調査を行うとともに、別紙(様式3)作成し、経営支援室長等に電話の上、電子データを提出する。(下図C)

イ 経営支援室長等は、(2)アにより受けた報告について、電話の上、別紙(様式3)の電子データを、指導企画課長等に転送する。(下図D)

ウ 別紙(様式3)の電子データの転送を受けた指導企画課長等は、関係課長等との連携により、調査報告の内容を確認し、必要に応じて校長に対して指導、助言等を行う。(下図E)

エ 校長は、(2)ウに基づく指導企画課長等又は関係課長等の指導・助言を踏まえ、(様式3)の修正、加筆等を行い、経営支援室長等宛てに、正本(公印を押印したもの)及び電子データを提出する。(下図F)

オ 経営支援室長等は、(2)エに示す(様式3)の正本及び電子データを、指導企画課長等に送付、転送するとともに、その写しを保管する。(下図G)

【参考】都立学校における重大事態発生時の対応図
イメージ
5 報告の記載内容等について

(様式1)及び(様式3)の「作成に当たっての留意事項」を参考にする。

6 調査の目的、方法等について

(1) 調査の目的

都教育委員会及び学校が、重大事態に対処し、及び当該重大事態と同種の事態の発生の防止に資するため(法第28条第1項の規定による。)。

(2) 調査の方法

都立学校において重大事態が発生した場合は、必ず学校の下に組織を設けて、質問票その他適切な方法により調査を行うとともに、その結果を都教育委員会に報告する。

報告を受けた都教育委員会は、当該重大事態の状況に応じて、都教育委員会の附属機関である東京都教育委員会いじめ問題対策委員会に依頼し、調査を行う(東京都いじめ防止対策推進条例第11条第4項の規定による。)。

(3) 学校の下に設ける調査のための組織について

「学校いじめ対策委員会」を中核とし、適宜、学校サポートチームの委員など外部の専門家等を構成員に加えるなどの方法により、組織を編成する。

7 その他

「いじめの防止等のための基本的な方針」(平成25年10月11日 文部科学大臣決定)25ページから35ページまでを参照する。


(様式1)

発第    号

平成  年 月  日

  東京都教育委員会教育長 殿

東京都立     学校    

校長       印  


   いじめ防止対策推進法の規定による重大事態の発生について(報告)


 このことについて、いじめ防止対策推進法第28条第1項の規定による重大事態の発生を認知したので、同法第30条第1項の規定に基づき、下記のとおり報告します。





1 いじめに係る被害児童・生徒について

 (1) 氏名及び性別

 (2) 生年月日

 (3) 学年・学級

 (4) 保護者氏名

 (5) 学級担任氏名


2 いじめに係る事態の内容

 (1) いじめの態様

  ア 重大事態の分類

  イ いじめの態様

 (2) いじめの行為の概要



 (3) いじめ発見のきっかけ

  ア 分類

  イ 発見のきっかけの概要


 (4) いじめに係る行為が行われた期間

   平成 年 月 から 平成  年 月 まで

 (5) 発生報告時の状況

  ア 分類

  イ 発生報告時の状況の概要

3 いじめに係る加害児童・生徒について


 

氏名(ふりがな)

性別

学年・学級

備考



4 事実経過及び学校の対応等


月日

事実経過

学校の対応

その他


 被害児童・生徒及び保護者への対応

 加害児童・生徒及び保護者への対応


5 学校における今後の対応

 (1) 調査について

  ア 調査の中核となる組織

  イ 組織の構成員


  ウ 調査方法


 

 

  エ 調査結果報告予定日 平成  年 月  日


 (2) その他


(様式2)

発第    号

平成  年 月  日


 

 東京都知事 殿


 

東京都教育委員会        

教育長         印  


 

   いじめ防止対策推進法の規定による重大事態の発生について(報告)


 

 このことについて、東京都立     学校から、いじめ防止対策推進法第28条第1項の規定による重大事態の発生を認知したとの報告があったので、同法第30条第1項の規定に基づき、下記のとおり報告します。





1 いじめに係る重大事態の発生を認知した学校名

 東京都立      学校


2 いじめに係る重大事態の内容について

 (1) 概要


 

 

 (2) その他

   別添平成  年 月  日付    発   号「いじめ防止対策推進法の規定による重大事態の発生について(報告)」による


3 今後の対応

 当該事案に係る調査結果については、別途報告する。


(様式3)

発第    号

平成  年 月  日

  東京都教育委員会教育長 殿

東京都立     学校    

校長      印  


   いじめ防止対策推進法の規定による重大事態に関する調査結果について(報告)


 このことについて、平成  年 月  日付   発第   号により報告したいじめ防止対策推進法第28条第1項の規定による重大事態に関する調査結果について、下記のとおり報告します。.





1 いじめに係る被害児童・生徒について

 (1) 氏名及び性別

 (2) 生年月日

 (3) 学年・学級

 (4) 保護者氏名

 (5) 学級担任氏名


2 調査方法等について

 (1) 調査組織及び構成員

  ア 調査組織の名称

  イ 調査組織の構成員


 (2) 調査期間  平成  年 月  日 から  月  日 まで

 (3) 調査方法


3 調査結果について

 (1) いじめの行為の有無


 (2) いじめに係る加害児童・生徒


 

氏名(ふりがな)

性別

学年・学級

備考


 (3) いじめの行為が行われた期間

   平成  年 月  日 から 平成  年 月  日 まで


 (4) 事実経過及び学校の対応等


月日

事実経過

学校の対応

その他

(関係機関との連携等)


 被害児童・生徒及び保護者への対応

 加害児童・生徒及び保護者への対応




 (5) 添付資料

 
 

4 現在の状況について

 (1) 被害児童・生徒の状況
 

 (2) 加害児童・生徒の状況
 

 (3) 学校の対応状況
 

 (4) 関係機関との連携の状況
 

 (5) 報道への対応状況


5 見解等について

 (1) 被害児童・生徒の保護者の見解
 

 (2) 加害児童・生徒の保護者の見解


 (3) 学校運営協議会の見解(など)
 

6 校長の所見及び再発防止策について


(様式4の1)

発第    号

平成  年 月  日

 東京都知事 殿

東京都教育委員会       

教育長         印 


 

   いじめ防止対策推進法の規定による重大事態に関する調査結果について(報告)


 

 このことについて、平成  年 月  日付   発第   号により報告したいじめ防止対策推進法第28条第1項の規定による重大事態に関する調査結果について、下記のとおり報告します。





1 いじめに係る重大事態に関する調査の対象となった学校名

  東京都立      学校


2 調査方法等について

 (1) 調査組織及び構成員

  ア 調査組織の名称

  イ 調査組織の構成員


 (2) 調査期間  平成  年 月  日 から  月  日まで

 (3) 調査方法


 

3 調査結果について

 (1) いじめの行為の有無


 (2) いじめの行為が行われた期間

   平成  年 月  日 から   年 月  日まで

 (3) いじめの行為の概要


 

 

 (4) 学校の対応概要


 

 

 (5) 現在の状況


 

 

 (6) その他

   本件についての学校における調査(別添(写)平成  年 月  日付   発   号「いじめ防止対策推進法の規定による重大事態に関する調査結果について(報告)」)による


4 東京都教育委員会の所見について


 

 

 

5 再発防止の取組について


(様式4の2)

発第    号

平成  年 月  日


 

 東京都知事 殿


 

東京都教育委員会       

教育長         印 


 

   いじめ防止対策推進法の規定による重大事態に関する調査結果について(報告)


 

 このことについて、平成  年 月  日付   発第   号により報告したいじめ防止対策推進法第28条第1項の規定による重大事態に関して、別添(写)のとおり、東京都教育委員会いじめ問題対策委員会から調査結果の提出があったので、報告します。

 なお、本件に関する東京都教育委員会の見解等については、下記のとおりです。





1 東京都教育委員会の見解について


 

2 再発防止の取組について



3 その他

 本件に関する学校における調査結果(別添2(写し)平成  年 月  日付   発   号「いじめ防止対策推進法の規定による重大事態に関する調査結果にっいて(報告)」)についても、併せて報告します。
posted by tsbs at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校提案型特色ある教育活動推進事業補助金交付要綱

学校提案型特色ある教育活動推進事業補助金交付要綱
http://www.city.shimotsuke.lg.jp/hp/reiki_int/reiki_honbun/r295RG00001008.html

特色ある教育活動
チャレンジ&ドリーム校推進事業
学校の特色ある活動
本事業は、豊田市教育委員会が進める特色ある学校づくり推進事業の一環です。学校が、伝統や地域性、児童生徒の実態や願いを生かした特色ある教育活動を行っていくため、校長の裁量のもとで取り組めるよう予算措置を講じているものです。
http://www2.toyota.ed.jp/swas/index.php?id=s_hirokawadai&frame=tokusyoku
posted by tsbs at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

校長の裁量

【中央教育審議会・答申「今後の地方教育行政の在り方について」(平成10年9月21日)】
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo1/003/gijiroku/04112501/004.htm


第 3章 学校の自主性・自律性の確立について
2  教育委員会と学校の関係の見直しと学校裁量権限の拡大
(学校管理規則の見直し)
ア  地域の状況や学校の種類、目的等に応じた内容の学校管理規則を制定する方向で見直すこと。その際、許可・承認・届け出・報告事項について、例えば、宿泊を要する学校行事について教育委員会の承認を届け出に改めるなど、学校の自主的判断にまかせ、学校の裁量を拡大する方向で見直しに努めること。
イ  学校の管理運営に係る教育委員会と学校の権限関係について、法令等に定められている事項も含め、学校の管理運営に関する責任を保護者や地域住民に明確にする観点から、学校管理規則において統一的に示すなどの工夫を講じること。
ウ  都道府県教育委員会や市町村教育委員会などの関係団体において、学校管理規則に関し規定すべき事項やその在り方について研究を進めること。なお、その際、都道府県や市町村が定める学校管理規則が画一的にならないよう、事項によっては複数の案からの選択を可能とするなど研究結果の示し方に十分配慮すること。

(学校予算の在り方の見直し)
ケ  学校関係予算の編成に際して、ヒアリングを実施したり要望する予算の内容を一定の書式で各学校から提出させるなど、学校の意向が反映される予算措置がなされるよう工夫を講じること。
コ  個性や特色ある学校づくりを推進できるよう、地方公共団体において校長の裁量によって執行できる予算を措置するなどの工夫を講じること。
サ  一定金額までの予算の執行については、校長限りの権限で行えるようにするなど財務会計処理上の工夫を講じること。



校長の裁量・権限に関する調査
http://berd.benesse.jp/berd/center/open/report/gakkou_cho/2007/pdf/data_11.pdf
posted by tsbs at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコプロダクツ2014 報告書

エコプロダクツ2014 報告書
http://eco-pro.com/2014/outline/000150.html
posted by tsbs at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする