タグクラウド

2016年03月16日

学校における危機意識の醸成

「意識 危機 醸成 学校」



目的遂行のための3つの意識とあなたの指示が空振りする理由 ...
www.ccore.co.jp/plus/consciousness/

2014/06/04 - リーダーシップをうまく発揮できないリーダーは、メンバーに対し、問題意識と危機意識を伝えずに、いきなり当事者意識 ... 当事者意識を醸成するためには、問題意識、危機意識を順番に醸成していけば良いと書いたが、これはあくまで論理上の ...あなたの指示が空振りする理由


リーダーであるあなたの指示が空振りに終わる理由がここにある。
リーダーシップをうまく発揮できないリーダーは、メンバーに対し、問題意識と危機意識を伝えずに、いきなり当事者意識を持つよう指示する。
問題意識と危機意識がないとは、先に説明したように、目的不鮮明で方向性がわからないため、メンバーが行動を起こす理由が見当たらないのだ。
同様の理由で、部下のモチベーションが低く、なんとかしてモチベーションをアップしようと、様々なリーダーシップ研修やセミナーに参加しているリーダーに多いのが、目的不在の指示命令である。
目的と方向性が明確で、「是非それを実現したい」とメンバーと合意がとれているのであれば、メンバーは当事者意識を自然に持つようになるし、モチベーションだって勝手に湧いてくる。そもそも、モチベーションは内発的なものであり、他人がどうこうできる問題ではない。



公教育の変容と教育経営システムの再構築
https://books.google.co.jp/books?isbn=4472402335

日本教育経営学会 - 2000
日本教育経営学会 26316 章学校の危機管理一生徒指導をめぐって っまり危機意識を訴え、危機感をあおり、それゆえに危機管理が必要だという論法でいくと、例えば ... この見解に立っと、危機管理という発想はむしろ逆効果となるから、ほどほどにせよということにもなる。 ... 正しい意味での危機意識をどのようにして醸成するかが課題である。
https://books.google.co.jp/books?id=fhoDQavP98QC&lpg=PA263&ots=eVOUXBtgH-&dq=%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%80%80%E9%86%B8%E6%88%90%E3%80%80%E5%AD%A6%E6%A0%A1&hl=ja&pg=PA263#v=onepage&q&f=true


[PDF]PowerPoint プレゼンテーション
www.tome-svr.jp/~uwanuma-syo/html/?action=common...main...

社会の急激な変化等を背景に,他の組織と同様に学校においても「革新リーダー」及びイノベーションの創出が期待されてい ... 今後,特に必要な研修内容: 学校組織マネジメント(教職員意識の意識改革,学校諸課題に関する当事者意識,風通しの良い職場の醸成),スクールコンプライアンス(ケースメソッドの. 自校化による危機意識,当事者意識の高揚),リスクマネジメント(講義,ロールプレイ,マニュアル等の作成を通じて,未然防止や ...
posted by tsbs at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

管理職の役割放棄?絶対に部下に言ってはいけない言葉とは?


http://worklifefun.net/often-mistake-of-manager/
posted by tsbs at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危機管理 危機意識 リスクマネジメント

1 知識より意識
(1)倫理規程や法律の知識を習得することも重要ですが、全体の奉仕者である公務員(教職員)としての基本的な姿勢や立場、考え方などについて、日頃から意識しておくことが重要です。
(2)不祥事防止のためにルールに精通する必要があると思いますが、もっと大事なことは、自分たちが行っていることが世の中の感覚、常識から見て妥当であるかどうかです。我々の意識を世の中のレベルまで高めることが大切です。
(3)今後、管理面では「これはおかしいではないか」と言える組織風土、つまり世の中の一般的な常識からみた場合に「どう考えるべきか」を基準にして判断することが重要となります。

2 一歩、踏み込んだ行動を取るにはどうすればよいか
(1)リスクは常に潜んでいる
リスクは突然にしかやってこないものと思い込んでいませんか。
リスクは、普段何気ないところに潜んでいます。何気ないことにも意識を向け、一歩踏み込んでおかしいなという「気づき」を養っていくことがリスクの未然防止につながります。
(2)現場から悪い情報があがってきているか
小さなミスでも報告しやすい、受け入れてくれると思われる環境づくりが必要です。小さなミスの報告ができない場合、そのミスを取り繕うためにもっと大きな事故、事件に発展する危険性があります。

3 気づき、予知力を磨く
(1)現場では必ず何かが起こる
組織の外部との接触など現場では、立場の違いや意思疎通の難しさから、事故・事件が起こる可能性があることを認識しておくべきです。「起こるはずがない」と頭から考えてしまうと動揺して臨機な対応への心づもりができません。
(2)「気づき」による予見義務、回避義務が不祥事防止に役立つ
不祥事回避の行動パターンには、「予知・予見」「予防」が不可欠であり、この2つの意識づけがあるかどうかが重要なポイントとなります。

・同僚等の体調の異変、電話や外部との対応の変化に気づく。この2点だけでも「気づき」の回路を作動させておけば、事故や不祥事に至る前に回避できることがあるはずです。
・ほんのわずかな変化、ちょっとした違和感に気づくか気づかないかで、人や組織が受ける危険度は大きく異なってきます。「○○さんはおかしいな」「あの対応はどうも釈然としない」と感じた気づきが組織を救うケースが少なくないのではないでしょうか。

(3)気づきや予知力の磨き方〜大きな問題の芽は小さな点から〜
目の前を過ぎ去っていく事象から予知力を磨くためには、日頃から予知・予見する訓練が必要です。物事にどんなリスクがあるのか、どんな危機管理をしなければならないのかという意識を常にもちたいものです。意識のないところには気づきや予知は生まれません。
ほんのわずかな変化やちょっとした違和感といった予兆が積み重なっていくと大きな問題に発展する可能性があります。

・最近、全国で問題になっている裏金や物品の年度末大量購入などのいわゆる不適正支出は、最初は一部でやられていたものが、次第に当たり前の風潮になり、ひいては組織全体で行われるに至ったと思われます。もしも途中で勇気をもって誰かが「やめよう」と声を上げていれば不適正支出は早期に収拾され、大きな問題にならなかったはずです。
・サラ金から借金をしている教職員に対して勤務時間中に督促の電話がかかってきた時に上司はどう考えるべきでしょうか。サラ金からの電話だとうすうす感じていても、何も言わないと根本的な問題は解決されないまま、悲惨な結末を迎えてしまう可能性があります。
・こうした場合、確かにプライバシーの問題はありますが、上司、特に管理職は、仕事をする上で具体的に困る事態となったときは、人事・労務管理上の問題として対応しなければなりません。

4 リスクへの対応
リスクを可能な限り少なくすることがリスク管理であり、残念ながら起きてしまった事故に対して素早く対応していこうというのがリスク管理の第2段階となります。
この場合、校長のリーダーシップのもと、迅速で組織的な対応が求められます。

・ある通信販売会社では、利用者の顧客リストを大量に流出させてしまう事件を起こしてしまいましたが、事件後、毎日のように、謝罪や管理体制の改善等についての報告を繰り返した結果、逆に同社のイメージが向上しました。
・学校でも、事件が起きた後の対応が遅くなったり、関係者への感情に配慮がないものであったりすると、トラブルが大きくなったり、不信を招く事になったりします。

事件が起きたときにどれだけ素早い対応ができるのか、普段の準備が特に大切なのです。

(ちょっと一息)
・予見義務と回避義務を怠ったときに業務上過失傷害や業務上過失致死の問題が発生します。
 予見義務:予想される行為で、正常時以外の環境の設定と、特定の対象者以外の利用も予見できなればならない。
 回避義務:予見されるトラブルが起こらないための、回避告知、回避設備、回避行動訓練回避組織を事前にすることが必要になる。
(不祥事の法則:佐々島宏著)

http://kyouiku.oita-ed.jp/jinji/text_p19.pdf




危機管理能力を高めるための教育・訓練とは | 大塚商会
www.otsuka-shokai.co.jp

課題別ITお役立ち情報 › リスク対策
例えば、研修の中で業務とつなげたディスカッションを実施することで、社員はリスク意識がより高まるだけでなく、日常に潜む新たなリスクが発見できるかもしれません。このように、研修を日常的に実施し、危機発生に備えてリスク意識を高く ...


定期的にリスク研修を実施し、社員のリスク意識を高く保つ

リスクへの意識は、日常の中でどうしても薄れてしまいがちなものです。定期的にリスクに関する研修を実施することで、社員のリスク意識を高く保ち、有事に備えることができます。
例えば、研修の中で業務とつなげたディスカッションを実施することで、社員はリスク意識がより高まるだけでなく、日常に潜む新たなリスクが発見できるかもしれません。このように、研修を日常的に実施し、危機発生に備えてリスク意識を高く保ちましょう。



第7章:職位とコンプライアンス
www.astron-japan.co.jp/pdf/chapter_07.pdf

ここでは、一般的な企業の組織を想定し、取締役(最上級管理職)、部長(上級管理. 職)、課長( ..... 危機意識の醸成. ・重大な危機に直面した時の対応. ・リスクマネジメント. 緊急時対応. 3.初級管理職(課長)の役割. (1)初級管理職の一般的な役割. 初級管理 ...


「危機管理 危機意識 リスク 管理職」


企業リスクと危機管理マニュアルの作成 - 「仕組み」構築
www.business-sol.jp/category/1599077.html

企業リスクの複雑多様化の中、中小企業にとって危機管理マニュアルの作成と活用は緊急課題であることから、実践的な危機管理マニュアルについて ... なぜなら、関係者間での活発な議論や検討が危機管理に対する認識や意識を高めることになるからです。

・情報開示が少ないと世間の信用を一層無くすことになるケースが多くみられます。
 ただし、情報開示する範囲は慎重に検討する必要があり、人権や企業秘密などの問題も絡むので専門家と検討することが必要です。




学校危機管理マニュアル:東京都教育委員会
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/soumu/kikikanri.htm
posted by tsbs at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

セクシュアル・ハラスメント パワー・ハラスメント

防止対策の自主点検と改善のポイント
厚生労働省/都道府県労働局(雇用均等室)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/06/dl/h0621-3.pdf


◇ セクシュアル・ハラスメント防止のページ
http://www.jinji.go.jp/sekuhara/toppage.html

セクシュアル・ハラスメントのない職場にするために 監督者の役割
人事院
http://www.jinji.go.jp/sekuhara/leaflet2.pdf




生徒の胸や尻を触ったら免職 都教委が懲戒処分を厳格化
http://www.asahi.com/articles/ASJ335CZ3J33UTIL01V.html






パワー・ハラスメント防止ハンドブック
http://www.jinji.go.jp/sekuhara/handbook.pdf

職場のパワー・ハラスメント対策ハンドブック
https://www.jtuc-rengo.or.jp/roudou/roudouanzen/data/pawahara/pawahara12.pdf
posted by tsbs at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懲戒 事実上の措置

教職員の非違行為に対する処分等のうち、

懲戒処分は、地方公務員法(昭和25年法律第261 号)29 条の規定に基づき行われるもので、
戒告、減給、停職又は免職の処分がある。

措置は、非違行為の程度が懲戒処分には至らない場合に、将来の行動を戒めるために行われるもので、
文書訓告又は口頭注意の措置がある。

なお、非違行為の程度が懲戒処分にも措置にも相当しない軽微なものである場合は、
指導の対象とするか、不問とする。


http://www.metro.tokyo.jp/INET/KONDAN/2014/01/DATA/40o1g200.pdf
posted by tsbs at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

重大事態

第五章 重大事態への対処

(学校の設置者又はその設置する学校による対処)
第二十八条 学校の設置者又はその設置する学校は、次に掲げる場合には、その事態(以下「重大事態」という。)に対処し、及び当該重大事態と同種の事態の発生の防止に資するため、速やかに、当該学校の設置者又はその設置する学校の下に組織を設け、質問票の使用その他の適切な方法により当該重大事態に係る事実関係を明確にするための調査を行うものとする。

一 いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。
二 いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。
2 学校の設置者又はその設置する学校は、前項の規定による調査を行ったときは、当該調査に係るいじめを受けた児童等及びその保護者に対し、当該調査に係る重大事態の事実関係等その他の必要な情報を適切に提供するものとする。
3 第一項の規定により学校が調査を行う場合においては、当該学校の設置者は、同項の規定による調査及び前項の規定による情報の提供について必要な指導及び支援を行うものとする。


http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1337278.htm
posted by tsbs at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

セクシュアル・ハラスメント等防止

教職員による不祥事の根絶
―信頼され続ける教職員であるために―
セクシュアル・ハラスメント等防止
パワー・ハラスメント防止
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/123894.pdf
posted by tsbs at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

理科教育

平成24年度中学校理科教育実態調査集計結果(速報)
平成25年9月(独)科学技術振興機構 理数学習支援センター
引用
http://www.jst.go.jp/cpse/risushien/secondary/cpse_report_016.pdf

○「理科の実験や観察についての知識が十分ある」「理科の実験や観察についての技能が十分ある」に対して,「そう思う」「ややそう思う」と肯定的に回答した理科教員の割合は,約7 割である。一方,「理科の自由研究の指導技術が十分である」に対して,肯定的に回答した理科教員の割合は,約3 割である。(教員質問項目【23】P.66)
○「理科の実験や観察についての知識が十分ある」「理科の実験や観察についての技能が十分ある」に対して,「ややそう思わない」「そう思わない」と否定的に回答した理科教員の割合は,教職経験年数5 年未満の理科教員で高い傾向が見られる。(教員質問項目【23】P.67,68)

○「教師による演示実験」の頻度が「週1回以上」と回答した理科教員の割合は,38%であり,H20 中理調査と同程度である。(教員質問項目【34】P.76)
○「生徒による観察や実験」の頻度が,「週1回以上」と回答した理科教員の割合は,55%であり,H20 中理調査の63%よりも低くなっている。その割合は,教職経験年数が5 年未満の理科教員では49%と,他の教職経験年数区分に比べて最も低くなっている。(教員質問項目【35】P.76,78)



理科教育の充実目指す小学校新指導要領 課題は教員の苦手意識か
http://benesse.jp/kyouiku/201208/20120820-2.html
posted by tsbs at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体罰の定義 体罰関連行為のガイドライン

[PDF]体罰の定義 体罰関連行為のガイドライン 【資料1】
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2014/pr140123b/shiryou1.pdf

教職員の主な非行に対する標準的な処分量定:東京都教育委
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/kizyun.htm
posted by tsbs at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

小児慢性特定疾患治療研究事業の概要

小児慢性特定疾患治療研究事業の概要
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken05/


11疾患群
(514疾患) 入通院別
入院 通院
悪性新生物(白血病、悪性リンパ腫、神経芽腫 等) ○ ○
慢性腎疾患(ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、水腎症 等) ○ ○
慢性呼吸器疾患(気管支喘息、気管狭窄 等) ○ ○
慢性心疾患(ファロー四徴症、単心室 等) ○ ○
内分泌疾患(成長ホルモン分泌不全性低身長症 等) ○ ○
膠原病(若年性関節リウマチ 等) ○ ○
糖尿病(1型糖尿病、2型糖尿病、その他の糖尿病) ○ ○
先天性代謝異常(アミノ酸代謝異常、骨形成不全症 等) ○ ○
血友病等血液・免疫疾患(血友病、慢性肉芽腫症 等) ○ ○
神経・筋疾患(ウエスト症候群、結節性硬化症 等) ○ ○
慢性消化器疾患(胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症 等)
posted by tsbs at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

インターナショナルセーフスクール(ISS)

インターナショナルセーフスクール(ISS)とは
ISS(International Safe School)とは、(体および心の)ケガ及びその原因となる事故、いじめ、暴力を予防することによって、安全で健やかな学校づくりを進める活動です。
http://www.jisc-ascsc.jp/safeschool.html

International Safe School(ISS)・Safety Promotion School(SPS)
http://www.ikeda-j.oku.ed.jp/safety/iss%E3%83%BBsps/


平成27年9月議会 一般質問(藤村昌隆議員)要旨(平成27年10月8日)
Posted on 2016年1月29日 by 公明党大阪府議会事務局 in 議会報告
セーフティプロモーションスクール(SPS=学校安全の新認証制度)の府内学校への推進について伺う。
http://www.komei-fu.com/?p=671
posted by tsbs at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

いじめの定義

【新定義】(平成18年度間の調査より)

本調査において個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って行うものとする。

「いじめ」とは、
「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」
とする。

なお、起こった場所は学校の内外を問わない。

http://www.mext.go.jp/ijime/detail/1336269.htm
posted by tsbs at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

中学校 職場体験ガイド

中学校 職場体験ガイド
平成17年11月 文部科学省


職場体験の意義
生徒にとって

・自己の理解を深め、職業の実像をつかみながら、望ましい勤労観、職業観を身に付けることができる。
・学校の学習と職業との関係についての理解を促進することができる。
・異世代間も含めたコミュニケーション能力の向上が図れる。
・実際的な知識や技術を学ぶことができる。
・社会的なルールやマナーを体得することができる。
・地域や事業所に対する理解を深め、地元への愛着や誇りを持つことができる。

http://www.nier.go.jp/shido/centerhp/20kyariasiryou/20kyariasiryou.hp/3-04.pdf
posted by tsbs at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする