タグクラウド

「この人誰だっけ?」という時に、デキる人は“田中角栄式”を使っていた!

「この人誰だっけ?」という時に、デキる人は“田中角栄式”を使っていた!


なるほどね




posted by tsbs at 19:58| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ「やばいこと」はうまく伝えられないのか?


なぜ「やばいこと」はうまく伝えられないのか?

(事故対応、マスコミ・プレス対応のヒント)


「分かってくれるはず」は通用しない


「やばいこと」を伝え損ねてしまうパターン


【1】伝える際の態度が悪い

【2】伝えるべき内容を間違えている

【3】不適切な伝え方で誤解を招く

【4】拡大解釈や誤解を恐れ、部分的にしか伝えない

【5】リスクがゼロ、もしくは低いと考えて伝えない

【6】リスクが高いと考え、あえて伝えない


なぜ伝えたいことを伝わるように伝えられないのか?

「事実」と「事実を伝える作業」は異なる

・何度言っても伝わらない!

 とある50代の部長と20代の新入社員のやり取りを紹介しましょう。


 部長「この間のトラブった案件、ちゃんと先方に説明した?」
 新人「メールで説明しましたよ」
 部長「メールじゃないんだよ。きちんと会って報告して来いよ」


 部長がイラッとしているのがよく分かります。デジタルネイティブの新人は、わざわざ会うよりも効率的で楽だからという理由で、説明や報告はメールで行えば十分と思っています。

 しかし、部長はメールでは誤解を招きやすいし、誠意を伝えるなら実際に会って説明するのが当たり前と考えています。そして、思わずこうこぼします。

 「何度言っても伝わらない。あいつはダメだ」

 この場合の「伝わらない」を打開するには、まず、「当たり前」の前提を疑わないといけません。「なぜ直接会って話すことが大切なのか」を部下に説明する必要があります。

 「ああ、そういうことですね。分かりました」

 言われた部下が納得した上で、行動に移せるように伝える工夫が必要なのです。


・伝わるように伝える

 個人でも組織でも、相手に何かを伝える際には「自分」と「相手」は「別の存在」ということを意識しなければなりません。特にネガティブな内容、つまり、「やばいこと」を伝える際はことさら大切になります。

 「これくらいは常識」「○○のはず」という考えをやめることから、伝えることは始まります。

 「やばいこと」は相手にとっても「不都合な事実」であることが多く、伝え損ねれば、誤解を与え、反発を招き、信頼を損ね、人間関係を悪化させかねません。逆ギレをされてしまう懸念もあります。

 言葉にする前によく考え、そして、相手に伝えたいことがきちんと伝わっているかを確認する作業が大切です。「伝わるように伝える」と「伝わっているかをチェックする」は、常にペアで、どちらかが欠けても成立しません。

 普段から様々な年齢や性別、業種、背景の人たちと関わりを持ち、それぞれの「当たり前の前提」が違うと意識することが大切です。それが相手に伝えたいことを伝えるコツであり、個人や組織を守る近道です。


(引用元)
posted by tsbs at 19:56| Comment(0) | SV教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある質問をするだけで、「自身が成功しているか」が分かる。

ある質問をするだけで、「自身が成功しているか」が分かる。


01.悩みを真摯に聞いてくれる親友がいるか?
02.普段会話をする人に対して不満はないか?
03.自分の自由を楽しむための十分な資金はあるか?
04.失敗を学ぶチャンスだと本当に考えられているか?
05.他人に有益な情報を与えられているか?
06.他人の功績をどれだけ称えられるか?
07.目指すべきゴールは明確になっているか?




posted by tsbs at 19:46| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の学校教育が国際的に全然悪くない理由 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン

日本の学校教育が国際的に全然悪くない理由 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン



今回の衆院選では、幼児教育の無償化や大学生の奨学金の増額などを各党が訴え、教育政策が争点の1つとなった。教育のあり方は国の競争力にもかかわる。日本の教育は国際的に見てどうなのだろうか。とかく日本人は自国のことを卑下しがちだ。そんなとき「外」の視点が大事になる。
イギリス人の教育研究者ルーシー・クレハンは、日本をはじめとする国際学力テスト「PISA」の成績上位国を訪ね歩き、その成果を『日本の15歳はなぜ学力が高いのか?――5つの教育大国に学ぶ成功の秘密』にまとめた。ユネスコに世界各国の教師の昇進コースに関するレポートを提出した実績も持つ彼女が、日本の小学校で班活動が重視される理由から「脱ゆとり」の是非までを独自の視点で論じ、わが国の教育に新たな光を当てる。


もっと我々も自信を持とう。



posted by tsbs at 19:40| Comment(0) | トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いじめ報道で安易な「学校叩き」は危険? 『明日の約束』テーマにネット震撼



■毒親とゲスジャーナリストに注目

■ネット掲示板への皮肉?

■部外者から過剰なバッシングがリアル

■「重いテーマ」に考えさせられる

■いじめられた経験がある人は半数?


posted by tsbs at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「苦手な相手」を好きになるプロの心構え

「苦手な相手」を好きになるプロの心構え


内容は理解するがまねできない。

posted by tsbs at 18:43| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話し合い活動

話し合い活動


グループでの活動に取り組みます。学習効果を上げることにつながる指導とはどのようなことですか。


【答え】
一人一人に役割をもたせて活動に取り組みます。

【なぜ】
グループ活動とは,誰かに頼る,任せることではありません。一人一人が考え活動することを基盤に,グループのみんなと共に考え合い,活動をつくることです。一人一人に役割をもたせないと,一部の子どもだけが活動し,他の子どもは座っているだけのお客さんになってしまい,力をつけることのできない「残念なグループ活動」になってしまうからです。

【方法】

遠足のグループ四人で遊びを決める話し合いをします。

四人の役割分担例は,発言を順番に当てる司会役。記録用紙の記名を確かめる役。記録用紙を集めて提出する役。話し合って決まったことを発表する役。です。必ず全員に役割をもたせることが重要です。
posted by tsbs at 18:40| Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校 特例校 分教室 不登校特例校に関する実態調査 - 文部科学省

不登校 特例校 分教室 不登校特例校に関する実態調査 - 文部科学省

[PDF]不登校特例校に関する実態調査 - 文部科学省 平成28年6月29日

2016/06/29 - 1.調査の目的. 不登校特例校の現状に関する基礎的情報を把握する。 「不登校特例校」(以下「特例校」という。)とは、不登校児童生徒の実態に配慮した特別の教育. 課程を編成して教育を実施する必要があると認められる場合、特定の学校 ...

教育支援センター(適応指導教室)等
充実方策検討委員会 報告書
平成29 年2月 東京都教育委員会
不登校児童・生徒対応に関する調布市教育委員会の基本方針(案)
posted by tsbs at 18:37| Comment(0) | 国の施策等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結局、こういう人が「尊敬」される。



01.話すより、聞くことのほうが10倍多い
02.正しいと思っているわけではなく、間違えることを恐れていない
03.スポットライトは他の人に当てる
04.素直に助けを求める
05.文句を言う前に自分で動く
06.他人をバカにしない
07.ばかばかしくても構わない
08.間違いは素直に受け止める
09.万人に認められたいなんて、そもそも思っていない




posted by tsbs at 18:33| Comment(0) | SV教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習指導要領の改定のスケジュールとポイント等

学習指導要領のポイント等
改訂のスケジュール
改訂のポイント

posted by tsbs at 18:27| Comment(0) | 国の施策等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。